/数日中に我々ファンが目の当たりにするジョゼ・モウリーニョがスパーズ経営陣に促した最終決定

数日中に我々ファンが目の当たりにするジョゼ・モウリーニョがスパーズ経営陣に促した最終決定

ハリー・ケイン、ソン・フンミン、ムサ・シソコの負傷離脱。ここ2試合を欠場したウーゴ・ロリス。さらにはそのしわ寄せを喰らうチーム全体の疲労がたまっていくなか、モウリーニョはスパーズが2つの大会を戦い抜けるとは考えていない。

そして、FAカップでノリッチに敗れた後、この指揮官はダニエル・レヴィ会長とスパーズの経営陣に最終決定を促した。それはプレミアリーグとチャンピオンズリーグの両方を戦うことは不可能だという要旨である。

BBCによるとノリッチとの試合後にモウリーニョは経営陣に対して「バーンリーかライプツィヒのどちらの試合に焦点を当てるか?」を尋ねたことを明かしている。

トッテナムは昨シーズン、マウリシオ・ポチェッティーノのもとでチャンピオンズリーグ決勝に到達したが、ドイツのチームにホームで敗れた後、その再現を果たせる可能性はわずかに見える。

そして現在、4位のチェルシーに5ポイント差をつけられており、今週末のターフ・ムーアでの試合は取りこぼしの危険性を持つアウェイゲームだ。トップ4争いも苦戦が予想されている。

我々は、スパーズの経営陣がモウリーニョに焦点を当てるべきだと回答した大会がどちらであるかを、数日中に知ることになるだろう。