/数日中に我々ファンが目の当たりにするジョゼ・モウリーニョがスパーズ経営陣に促した最終決定

数日中に我々ファンが目の当たりにするジョゼ・モウリーニョがスパーズ経営陣に促した最終決定

公式戦で4連敗。

それが今のトッテナム・サポーターが目の辺りにしているチームの状態だ。

そして、これらの4つの敗戦によって、スパーズはトップ4争いで遅れをとり、FAカップで敗退し、チャンピオンズリーグで窮地に追い込まれることとなった。

絶好調とは口が裂けても言えない状態である。

チェルシーとウォルブスに敗れたことで、スパーズは来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得するためのボーダーラインである4位から5ポイント差に広がってしまった。

チャンピオンズリーグのRBライプツィヒ戦ではホームで1-0の敗戦となり、第2戦は来週、ブンデスリーガで現在2番目のチームの本拠地に乗り込んで戦うことになり、アディショナルタイムやPK戦に持ち込まずに勝ち上がりを決めるには、2ゴールが必要になっている。

水曜日の夜、FAカップ5回戦でトッテナムが敗退した理由はPK戦だった。延長戦までを終えて1-1の引き分け。プレミアリーグ最下位のノリッチとPK戦を戦って、3-2で敗れている。

現在、泣き言をこぼしながら意気消沈してしまう危険に晒されており、来週には今シーズンの最後の2ヶ月間でスパーズが何らかの戦う目標が残っているのかを知ることになる。

すでにジョゼ・モウリーニョ監督は、今シーズンの終盤戦で息切れを起こさないようにするためのプランを考え、どの大会を優先するかの計画を​​立てている。

トッテナムはプレミアリーグで土曜日の夜にバーンリーと対戦する。これは、FAカップのノリッチ・シティとの120分間に渡る激闘のわずか3日後だ。

そして、さらにその3日後にスパーズはチャンピオンズリーグ・ラウンド16でドイツのライプツィヒと対戦する。