/移籍マーケット最新情報:ジョー・ロドンの補強、ダニー・ローズの移籍…

移籍マーケット最新情報:ジョー・ロドンの補強、ダニー・ローズの移籍…

最後の最後に妥当なローン先が見つからなければ、今のところジャック・クラークは1月までモウリーニョのチームに残ることになっているようだ。

スパーズはこれまでのところチャンピオンシップのクラブからのクラークへの問い合わせを何度も拒否している。

モウリーニョはトレーニングでの19歳の姿勢に感銘を受けており、トッテナムで出場時間を得るのは難しいかもしれないが、もし彼がローン先のクラブで十分な試合時間を得られないのであればベイルやソン・フンミン、ハリー・ケインのような一流の選手たちと一緒にトレーニングをし、学び、成長することでより良い結果が得られるのではないかと考えている。

ヨーロッパリーグの登録メンバーから外したゴールキーパーのパウロ・ガッザニーガへの獲得オファーをスパーズが検討する可能性はあるが、アルゼンチン人ゴールキーパーがチャンピオンシップのクラブに行きたいと思うかどうかはまた別の問題だ。

また、トッテナムには現在契約の最終年(1年延長のオプションあり)を迎えているキャメロン・カーター・ビッカーズがいる。

22歳のアメリカ人ディフェンダーはチャンピオンシップのクラブへの5度のローン移籍を経験しており、最近はルートン・タウンでの降格圏脱出に貢献し、最も成功したローン先での活躍だった。

一部報道ではカーター・ビッカーズがロドンとの契約の一部としてオファーされる可能性があることを示唆しているが、同選手はすでにスウォンジーでのローンを経験している。ボーンマスが今のところこの若いセンターバックに最も興味を示しており、トッテナムは完全移籍での放出を望んでいるようだ。

順調な補強を進めてきたトッテナムだが、国内の移籍マーケットが残り24時間となった今はモウリーニョのチーム戦力の余剰部分を削っていくことが課題となるだろう。