/ダビンソン・サンチェスとピエール・エミール・ホイヴィアのミスへのジョー・ロドンの反応が物語るもの

ダビンソン・サンチェスとピエール・エミール・ホイヴィアのミスへのジョー・ロドンの反応が物語るもの

セント・ジェームズ・パークでのスパーズの経験の浅いディフェンス・ラインのなかで印象的だったのは、ロドンがプレミアリーグで8試合しか出場していないにもかかわらず、守備のリーダーのように見えたことだ。

周りの選手たちが前回のアストンヴィラで見せたようなプレーを再現するのに苦労しているなか、ロドンは見事なブロックとタックルで自分のフットボールのスタイルを表現し、監督に自分が先発メンバーであるべきだということを改めて証明してみせた。

ロドンのパフォーマンスは非常に安定しており、スパーズにとっての好材料として、彼がますます力をつけ、さらに良くなっていることだ。

トッテナムのファンにとっては、暫定でトップ4に立つチャンスを逃したこの日のことは忘れたいところだが、ロドンのパフォーマンスは大きなプラス要素だった。

今やスパーズム内でのセンターバックのポジション争いの最有力候補となっているロドンがここ2試合のパフォーマンスを続けていれば、モウリーニョがトッテナムのベスト・イレブンから彼を外すことはできないだろう。