/ダビンソン・サンチェスとピエール・エミール・ホイヴィアのミスへのジョー・ロドンの反応が物語るもの

ダビンソン・サンチェスとピエール・エミール・ホイヴィアのミスへのジョー・ロドンの反応が物語るもの

「例えば、2つめの失点では、クロスの瞬間、セカンド・ポスト(ファーサイド)に入ったボール、ゴール前に入ったセカンド・ボールの3つのボールがあった。一瞬一瞬を見ていくことで、ゴールを簡単に分析することができる」

「1つ目の失点でも、局面ごとでみてみようか。我々がボールを奪った瞬間、ボールを失った瞬間、そしてゴールしジョエリントンにボールが届いた瞬間の我々のポジショニングになる」

ニューカッスルの後半の同点ゴールは、スパーズの視点から見れば最悪だったが、スパーズの守備陣のクリアを高い位置で奪われてからジョエリントンが簡単に押し込んだこの試合の前半の先制ゴールも、完全に避けることができた。

サンチェスのクリアボールがリッチーに当たったが、リッチーはピエール・エミール・ホイヴィアの貧弱なチャレンジを簡単にかわし、ショーン・ロングスタッフが落ち着いてパスを通して、ほぼフリーだったジョエエリントンがゴール右隅に決めた。

ロドンは、このブラジル人のシュートを止めようとタックルをして地面に倒れ込んだ後、すぐにチームメイトに自分の意見を伝えた。

ウーゴ・ロリスが呆然とし、タンギ・エンドンベレが天を仰いでいる間に、ロドンはすぐにホイヴィアとサンチェスの方を向いて両手を挙げ、彼らが「何をしているんだ」と叫んでいたようだった。

ロドンはまだ23歳で、10月にスウォンジー・シティから移籍してきたクラブでは新加入選手の位置づけだが、自分の意見を通すことを恐れず、リーダーとしての資質を備えていることは明らかだった。

将来のウェールズ代表キャプテンとして期待されているこの選手は、11月のフィンランド戦で交代したギャレス・ベイルからキャプテンマークを渡され、すでに国の代表チームを率いる栄誉を受けている。

しかも、そのフィンランドとの試合がロドンにとってウェールズ代表での10試合目の出場であったことがより印象的だった。