/ジャーメイン・ジーナス&ジョー・コールがブライトン戦のスパーズを糾弾

ジャーメイン・ジーナス&ジョー・コールがブライトン戦のスパーズを糾弾

ジャーメイン・ジーナスは、選手たち何人かの先行き不透明感がクラブの調子を落とす要因となっており、自身の元所属クラブであるスパーズは物事を一新する必要があると語った。クリスチャン・エリクセン、ヤン・フェルトンゲン、そしてトビー・アルデルヴァイレルトは皆、夏の移籍期間中に移籍すると噂されたが、どのケースも実を結ぶことはなかった。彼らのキャリアは中ぶらりんなままだ。

「マウリシオは大好きだし彼が残ってくれるよう心から望んでいる。だが、このような状態では物事が真剣に腐り始めているという雰囲気がプンプン匂っている」

「クラブはマウリシオを落胆させたし、選手たちは真剣に取り組んでいないと感じられるんだ。何かが変わらなければいけない。願わくは、監督ではなく、選手たちのメンタリティが変わってくれれば。」

この敗戦はポチェッティーノのノースロンドンにおける将来に問題を引き起こし、今クラブがはまっている泥沼からスパーズを引き上げるべく、何らかの重大な決断がダニエル・レヴィによって下される必要がある。

Cole believes the result signals the end of the road for Mauricio Pochettino and the players


Tottenham Hotspur