/【コラム】トビー・アルデルヴァイレルトの後任はヨアヒム・アンデルセンなのか?

【コラム】トビー・アルデルヴァイレルトの後任はヨアヒム・アンデルセンなのか?

 

もう一つの問題は、数週間前に23歳になったアンデルセンが、トッテナムのセンターバック陣に加わったとしても、トップリーグの経験がほとんどなく、もちろんプレミアリーグでの経験はゼロということだ。

もし、アンデルセンが加入すれば、32歳のフェルトンゲンが最年長で、23歳が2人と21歳が1人となる。

また、21歳のキャメロン・カーター・ヴィッカースが、チャンピオンシップのスウォンジーで大きな成長を遂げ、今年の夏にスパーズに戻っている。

以上のことを考えると、もしアルデルヴァイレルトがクラブを去ったとしても、ポチェッティーノがセンターバックに新たな若い選手を加えるとは考えにくい。

ポチェッティーノが予てからポジション適正を信じてきた25歳のダイアーにセンターバックにポジション・チェンジを促すか、あるいはアルデルヴァイレルトの替わりにプレミアリーグで経験を積んだ選手を獲得するか、を選択をすることになる。

右サイドバックでも同じような状況が予想される中、センターバックはトッテナム・ホットスパーでも興味深い変革の移籍マーケットになることは間違いない。