/繰り返されるヤン・フェルトンゲンとマウリシオ・ポチェッティーノの衝突

繰り返されるヤン・フェルトンゲンとマウリシオ・ポチェッティーノの衝突

しかし、フェルトンゲンの契約の問題は未解決のままだ。フェルトンゲンはここ数ヶ月、ノースロンドンのクラブに留まりたいという意向を繰り返し表明しているが、昨シーズンに1年間の契約延長によって、今シーズンいっぱいまでの現在の契約になってから、スパーズはベルギー人との契約をさらに見直すことにはまだ合意に達していない。

ポチェッティーノ監督は昨シーズン、 「フェルトンゲンは新しい契約のオファーを受ける価値があり、これから何年もトップレベルでプレーできると信じている」 と明言していた。

「彼は信じられないほどのクオリティ、フィットネス、テクニックを持っている。とても強靭で、足が速くて私の新しい愛犬のローデシアン・リッジバックのようで、20歳に見えるよ!」

「彼の総力は衰えを知らない。あのフィジカルは彼の才能だね。遺伝的なもので、ナチュラルなんだ。彼はアスリートだよ。本人次第だが、彼は40歳までプレーできると思うね」

「クラブは彼にその報酬を受けるべきだと信じている。彼は(新たな契約)に値する選手の一人だ」

しかし、その契約はまだ合意されておらず、それはクラブとベルギー人が解決する必要がる課題だ。

監督はピッチで起こったことについてのみ責任があり、フェルトンゲンは来週末のマンチェスター・シティとの大一番でチームに復帰すると予想されている。ポチェッティーノの人心掌握術によるマインドゲームが上手くいっているのかどうかは、そこで明らかになるだろう。

Tottenham Hotspur