/繰り返されるヤン・フェルトンゲンとマウリシオ・ポチェッティーノの衝突

繰り返されるヤン・フェルトンゲンとマウリシオ・ポチェッティーノの衝突

フェルトンゲンはベンチではなくスタンドに座っていた。先発から外すとの伝達に対して、フェルトンゲンのリアクション(態度)があまり良くなかったので、ポチェッティーノは招集メンバーから外すことを決めたとの情報が伝えられている。

何よりもポチェッティーノは、チームに対して自分の権限を行使し、選手全員に「個人よりもチームのため」であることを意識付けさせることを徹底している。

このアルゼンチン人指揮官は、 特定個人の選手について「なぜ、先発メンバーから外れたのか?」 とマスコミに追及されると、いつも憤慨している。

フェルトンゲンとの関係に問題はない。経験豊富なベルギー人はポチェッティーノの貴重な戦力の一人で、彼と共に副キャプテンのハリー・ケインは数週間前にポチェッティーノ監督、ダニエル・レビィ会長、そしてコーチングスタッフと一緒に上海の高級料理店に出かけていた。

ポチェッティーノは昨年、フェルトンゲンとはトレーニングの中で多くの議論をしていて、それは悪いことではないと明かしていた。ポチェッティーノは、彼に意見する選手たちとのやりとりを楽しんでおり、ケインはポチェッティーノに対して同様のポジティブな挑戦をしている。

「確かにフェルトンゲンは頭が良く、常に自身の意見と理由があるので、トレーニングではよくぶつかり合うが、最終的にはチームへの期待の表れなんだと教えてくれる彼の努力に感謝しているんだよ」

「たまに評価されないこともあるがが、とても良い選手だから褒めてあげるべきなんだよ」

「私は彼が今日、このレベルを達したことを誇りに思う。ピッチ上だけでなくピッチ外でもね。私の意見では、彼はプレミアリーグとヨーロッパで最高のセンターバックの一人だ」

Tottenham Hotspur