/繰り返されるヤン・フェルトンゲンとマウリシオ・ポチェッティーノの衝突

繰り返されるヤン・フェルトンゲンとマウリシオ・ポチェッティーノの衝突

ヤン・フェルトンゲンを招集外にしたことについての質問を受けている時のマウリシオ・ポチェッティーノ監督の表情は、すべてを語っていた。

このベルギー人は、ピッチに影響を与えることができずにスタンドから開幕戦を見守りながら、試合の間ずっとそこに座っていた。

もう一人のベルギー人ディフェンダーであるトビー・アルデルヴァイレルトは、昨シーズン、ニューカッスル・ユナイテッドとの敵地での開幕戦で1分もプレーしなかったが、それでもベンチに座っていた。キーラン・トリッピアは遠征メンバーにすら入ることはなく、ポチェッティーノはその理由が負傷だったのかを尋ねられた。

「いやいや、今回プレーした選手たちは準備ができていたからだ。チームから外れた選手たちは、みんな同じでトレーニングできる状態だよ。負傷者はいない。ただ、最善の決断を下したまでだ」

「いや、全員が良いコンディションでトレーニングを始めたと思うし、その後、私たちは先発イレブンとベンチ入りの選手を選ぶことにした」

そして、12ヶ月後の今回はアルデルヴァイレルトが先発で、ヤン・フェルトンゲンがトッテナム・ホットスパー・スタジアムのスタンドに座って開幕戦を見守っていた。

再びポチェッティーノはチームの選択に関する質問に答え、1年前の出来事と同様に、招集外となったディフェンダーは負傷ではなかったことを同様の回答で明かした。

「プレーするに値する選手で、調子が良い選手に出番を与えたい。今日はトビー(アルデルヴァイレルト)を選んだ。今日、プレーしていない選手たちは、機会を得るために懸命に努力する必要がある」

「すべての選手が揃った状況で、先発の11人を選ぶのは苦労するよ。私たちには25人以上の選手がいて、すべてのポジションに優秀なプレーヤーがたくさんいるんだ。それでも11人しか先発させることができないからね」

「常に監督とコーチングスタッフの判断だよ。この5年間を経て、プレーするに値する選手たちに出番を与えるつもりだよ」

「(フェルトンゲンとは)何の問題もないが、今日の私の決定は、チームに良いバランスをもたらすために、トビーとダビンソン(サンチェス)とをプレーさせることだった」