/ヤン・フェルトンゲン:エリクセンはスパーズに残ってくれるはず

ヤン・フェルトンゲン:エリクセンはスパーズに残ってくれるはず

トッテナムのDFヤン・フェルトンゲンは、レアルマドリーへの移籍が取り沙汰されているにもかかわらず、クリスチャン・エリクセンが来シーズンもクラブに残ることを期待し続けている。

 

エリクセンはノースロンドンでの契約を1年しか残していないが、「何か新しい挑戦がしたい」とメディアに対して認めた後、レアルマドリーへの移籍の声は大きくなっている。

しかしチームメートのフェルトンゲンは、エリクセンがマウリシオ・ポチェッティーノ監督やダニー・ローズとともに、来シーズンもトッテナムホットスパースタジアムに留まることを信じている。

ユーロ予選のスコットランド戦に先立って、フェルトンゲンはスカイスポーツに以下の様に語った。

「移籍ウィンドウが開くと多くの噂が出るのは明らかだし、昨シーズンも多くの噂があったが全員残った。だから僕は望みを持っている。」

「クリスチャンは素晴らしい選手だよ。16歳の時から彼を知っていたし、16歳か17歳の時から一緒にプレーしている。彼が来シーズンもトッテナムにいることを願うよ。彼は並外れた選手だからね。」

フェルトンゲンもエリクセンもチャンピオンズリーグ決勝に到達した躍進における重要な選手だったが、リバプールに2-0で敗れた夜はインパクトを残すのに苦労した。

フェルトンゲンは、再びリバプールのアンディ・ロバートソンと対戦する火曜日の夜のスコットランド戦に向けて準備しているが、敗北を受け入れるのは難しかったと認めた。

「明らかにそれは大きな敗戦だった。僕は勝ちたかったがそれができるのはどちらか1チームだけだし、リバプールは良いプレーをしていた。」

「でも敗戦から忘れるためにもここに来れて嬉しいし、ベルギー代表に集中しているよ。」

「これはリベンジではない。ロバートソンも良いプレーをしていたし、リバプール全体としてもよくやっていたね。チャンピオンズリーグで優勝したのなら、それは彼らがそれに値するということだよ。」