/ジェイミー・オハラが「スパーズのユニフォームを着る資格がない」トッテナムの選手を名指しで非難

ジェイミー・オハラが「スパーズのユニフォームを着る資格がない」トッテナムの選手を名指しで非難

元トッテナムのMFジェイミー・オハラは、木曜日の夜にスロベニアの弱小チームであるNSムラに2-1で敗れた衝撃的な結果を受けて、スパーズへの痛烈な攻撃を開始した。

アントニオ・コンテが率いる10人のチームは、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで最も低いランクのクラブであるチームに敗れ、クラブの歴史の中で最も恥ずかしい夜のひとつとなった。

31分にライアン・セセニョンが退場となり、トミ・ホルヴァルトの先制点にハリー・ケインのゴールで追いつくも、アマデイ・マロシャがアディショナル・タイムに勝ち越しゴールを決めた。

たとえ10人になっても、スパーズは現在スロベニアの国内リーグで中位に位置し、これまでこの大会で無得点だったチームを打ち負かすことができると予想されていた。

特に、コンテがデレ・アリ、タンギ・エンドンベレ、マット・ドハティ、ダビンソン・サンチェスといったプレミアリーグでも戦える選手を先発メンバーに揃えたことを考えればだ。

しかし、オハラはこの4人の選手はスパーズのユニフォームを着るに値しないと非難し、ケインは彼ら4人と一緒にプレーすることを恥ずかしいと思っているのではないかと指摘した。

オハラは試合を終えた後に「うわぁ、なんて不名誉なパフォーマンスだ」と語った。

「正直、どうして私がテレビで悪態をつかなかったのかわからない。あまりにもひどかった。選手たちは恥ずべき存在だったんだ」

「これだけは言いたい。あの選手たちの中には、スパーズのユニフォームを着る資格のない者がいる」

「ドハティ、サンチェス、エンドンベレ、アリ。彼ら全員だ。まったく恥ずかしいよ」

「セセニョンは30分で退場になったので、彼がまともにプレーできたのかどうかはまだ分からない」

「ケインがゴールしたが、彼はピッチの上で『なぜ俺はこんな仲間たちとこの試合をしていんだ?』と考えているに違いないよ」

Kane tried to leave Spurs over the summer but was denied a move to Man City by chairman Daniel Levy