/「トッテナムらしくない」がノースロンドン・ダービーでモウリーニョに見い出した吉兆

「トッテナムらしくない」がノースロンドン・ダービーでモウリーニョに見い出した吉兆

彼は最終的に、アーセナルを破った戦術について正確に説明してくれた。

「正直に言うと、アーセナルは私の意見では、よいプレーをしているよ」

「ミケルが替わってから、そして彼らが3人+両ウイングバック、2人の中盤の選手+3人のいずれも優れた攻撃的な選手でプレーするようになってからはね。彼らはとても良いプレーをしていると思う」

「我々はチームの陣形を変えて、より良い配置で試合に勝ちにいくために、コントロールする必要があると感じたんだ」

「相手はベジェリンとティアニーをワイドで高い位置でプレーさせて、オーバメヤンとペペかサカをインサイドに置いてくる。私は、守備の4人には中央のエリアを閉じることに集中してもらい、彼らには特別な場面でのみ相手のウイングバックにだけ守備に対応するようにしたかった。そのためには、シソコとルーカスの犠牲が必要だったんだ」

「その守備の時でさえも、攻撃へのトランジションとプレーの方向を変えるために2つのターゲットを我々は保っていた。ソニーがハリーの近くでプレーしていたので、1人(ケイン)はよりボールを収めるターゲットマンとして、もう1人(ソン)はスペースに走り出して攻撃を仕掛けることができた」

「それがこの試合の戦略だったが、それ以上に重要だったのは選手たちだ。選手たちのメンタリティーと試合での取り組み方、そしてアーセナルとのライバル関係だね」

アルテタは、彼のチームが実際にはトッテナムを無力化しており、2つの守備のミスが原因で負けただけだと弁明した。