/「トッテナムらしくない」がノースロンドン・ダービーでモウリーニョに見い出した吉兆

「トッテナムらしくない」がノースロンドン・ダービーでモウリーニョに見い出した吉兆

モウリーニョは近年、「恐竜」、「前時代の遺物」、「時代遅れの監督」など、様々な呼ばれ方をされてきた。

しかし、レビィが何年もの間、モウリーニョを追いかけてきたのは、勝つための方法を見つけることができるからである。

モウリーニョはそれを知っている。そして彼は自分では謙虚だと言いつつも、自画自賛が絶えない男である。

彼はアーセナルに勝利した後に次のようにコメントした。

「自分勝手な視点でこの状況を見させてもらうが、私が来た時点でプレミアリーグが開幕していたとしたら、その後の全ての問題が降り掛かってきたとは言え、我々は4位か5位になっていたと思うんだよ」

「我がままにことを言いたくはないがね」

アーセナル戦に向けて戦術に変更を加えた理由を尋ねられたとき、彼は冗談めかして記者に対して、「授業料はいくら払ってきた?」と語っていた。

モウリーニョは、誰もがそのやり方が好きではないことを知っているが、彼は彼の価値をよく知っているし、グアルディオラとクロップが近年のシーズンですべての賞賛を受けているのを見て、自身が成功を掴むためにさらに努力しなければならないことを知っている。スパーズは彼がこれまでに指揮を執ってきたクラブとは非常に異なるクラブである。