/インテルがエンドンベレ獲得を目指しトッテナムとの接触を開始 [Di Marzio]

インテルがエンドンベレ獲得を目指しトッテナムとの接触を開始 [Di Marzio]

タンギ・エンドンベレがインテルの新たな中盤の補強候補として名を連ねた。インテルは、昨夏、エンドンベレがリヨンからトッテナムへ6000万ポンドで移籍する前から、この1996年生まれのミッドフィルダーをずっと追いかけていた。

すでに両クラブ間の接触が始まっており、インテルはマルセロ・ブロゾヴィッチ、ユナイテッド時代にモウリーニョが狙っていたイヴァン・ペリシッチ、ミラン・シュクリニアル*といった選手とのトレードを提案する可能性がある。この3選手は、特に最近になってモウリーニョとスパーズが高く評価しているであろう戦力だ。

*マルセロ・ブロゾヴィッチ:27歳のセントラル・ミッドフィルダー
イヴァン・ペリシッチ:31歳の左サイドのアタッキング・ミッドフィルダー
ミラン・シュクリニアル:25歳のセンターバック

プレミアリーグでの失敗からインテルに向かった選手としてのもう一つの話題は、アレクシス・サンチェスだ。彼の未来はまだ決まっていない。マンチェスター・ユナイテッドは、ヨーロッパリーグ再開後のヘタフェ戦までサンチェスをインテルにローン移籍させている。マンチェスター・ユナイテッドはそれ以上のローン期間の延長を望んでいないため、現状、インテルは獲得のための適切なオファーを提示しなければならない。