/6人の補強を成し遂げたトッテナムの2020年夏の移籍マーケットを総括 [football.london]

6人の補強を成し遂げたトッテナムの2020年夏の移籍マーケットを総括 [football.london]

ローズがチャンピオンシップのクラブや、オランダのようにまだ移籍マーケットが閉まっていない国のクラブへの移籍を受け入れない限り、1月までピッチ外で待ち続けることになるか、その契約をどのようにするかを決断しなければならないだろう。

ハートの加入以来、第3ゴールキーパーに序列を下げてしまったゴールキーパーのパウロ・ガッザニーガも移籍の可能性があったが、移籍マーケット最終日に実現しなかった。

トッテナムは、ヨーロッパリーグの登録メンバーに多くの「non-locally trained」(非ホームグロウン)の選手が多すぎるため、ガッザニーガとジェドソン・フェルナンデスは、モウリーニョがグループステージの登録メンバーから外すた2人になる可能性が高い。

特にジェドソンにとっては、これによってプレー時間を得られるかどうかが問題になるだろう。21歳のフェドソンは、モウリーニョのもとでどのようなポジションや役割を担うのかが見いだせずに苦労しており、右サイドバックや中盤の様々なポジションでプレーしてきたが、いずれも成功していない。

トッテナムにとって完璧な移籍マーケットではなかったが、限られた予算の中でチーム全体の問題を解決したことで、信じられないほど良い移籍マーケットだったと言えるだろう。

他の多くのクラブは、このノースロンドンのクラブよりもはるかに多くを費やしていたが、スパーズは実に規則正しく、非常に慎重に立ち回り、コストよりもはるかに大きな価値を持つ選手たちを連れてきた。

今やクラブの周りには、近年で最高のトッテナムのチーム戦力を作り上げたという興奮と、モウリーニョが今シーズン、クラブをトロフィーへと導くことができるという確信があるようだ。

もしそれが実現すれば、彼らはこの移籍マーケットを最高の計画がスタートした数ヶ月間だとして、将来、振り返ることになるだろう。