/6人の補強を成し遂げたトッテナムの2020年夏の移籍マーケットを総括 [football.london]

6人の補強を成し遂げたトッテナムの2020年夏の移籍マーケットを総括 [football.london]

22歳のウェールズ人は、これから加入してもヨーロッパリーグの登録メンバーには加わらないだろうし、将来のための補強と考えられている。

トッテナムはまだロドンにオファーを出していないが、10月16日に閉まる国内の移籍マーケットの終盤に動くことを検討している。

放出に目を向けるとヤン・フェルトンゲン、ミシェル・フォルム、カイル・ウォーカー・ピータースの移籍に続き、フォイスとライアン・セセニョンがそれぞれビジャレアルとホッフェンハイムにローンで移籍した。

スパーズと3年契約を結び直したフォイスのローン移籍には1350万ポンドの買取オプションが付いており、もしフォイス本人やビジャレアルが買取オプションに合意しなかった場合には、その新契約によってスパーズでのキャリアが続くことになる。

セセニョンは、左サイドバックや左ウイングバックとしてレギュラーの座が約束されるクラブに意図的に送り込まれ、ブンデスリーガのクラブはそれを満たしてチア。他にもプレミアリーグやヨーロッパのクラブからセセニョンの獲得に関心が寄せられていたが、ホッフェンハイムが選ばれた。

スパーズもモウリーニョも20歳のセセニョンが自信を付け、成長してクラブに戻り、将来的にレギロンとトッテナムの左サイドバックのポジションを争える逸材となれることを期待している。

この夏は、タンギ・エンドンベレとデレ・アリの放出をクラブが阻んでいる。セルジュ・オーリエを残してドハティとのポジション争いに臨ませることも決定し、実際にこのコートジボワール人は良いパフォーマンスを見せている。

ただし、ダニー・ローズをクラブから移籍させることができなかったことにフラストレーションが溜まっていた。

30歳のローズはファーストチームでトレーニングをしていないが、契約期間はまだ8ヶ月残っており、ポルトからの関心があったにもかかわらず移籍は実現しなかった。