/6人の補強を成し遂げたトッテナムの2020年夏の移籍マーケットを総括 [football.london]

6人の補強を成し遂げたトッテナムの2020年夏の移籍マーケットを総括 [football.london]

33歳のハートは、昨シーズン終了時にクラブを去ったミシェル・フォルムに支払っていた給料よりもはるかに低い金額でスパーズと2年契約を結んだと見られているが、強烈なキャラクター、優勝メダル、そして大舞台での経験を兼ね備えたベテランである。

プレシーズン中の補強を成立させるために、スパーズはモウリーニョが強く望んでいたディフェンダーであるウルブズのマット・ドハティを獲得した。

このアイルランド人サイドバックは、昨シーズンにトッテナム・ホットスパー・スタジアムでゴールを決めた場面以外でも、対戦相手の監督であるモウリーニョにピッチ上で多くの問題を与えた選手だった。

モウリーニョとドハティは、どちらも「スーパー・エージェント」であるジョルジュ・メンデスが率いる代理人事務所のGestiFute Agencyの顧客である。

モウリーニョはスパーズの真新しいドレッシングルームの光景の動画と着用することにユニフォームの写真でドハティを勧誘し、スパーズは28歳の男を獲得する運びとなったのだが、過去2シーズンにわたってプレミアリーグの2番目に創造的なサイドバックをわずか1350万ポンドで手に入れたのである。

シーズンが始まる前にプレミアリーグで活躍している3人の選手の補強を実現したヒッチェンとレヴィに、モウリーニョは公私ともに敬意を表しながら、この獲得を喜んでいた。

そして、その20日後にマドリードからの2人の獲得が実現した。

常々モウリーニョを招聘したいと思っていたレヴィは、その気持ちと同様にギャレス・ベイルをトッテナム・ホットスパーに戻すことをいつも夢見てきた。

ウェールズ人が2013年にクラブを去った時、レヴィはレアル・マドリードとの契約に条項を挿入し、ベイルの次の移籍においてスパーズが獲得の優先権を持つことを保証させたほどだ。

その条項は、単にベイルの価値が古巣スパーズの手の届かないレベルで維持されたがために、2019 年の夏に期限切れとなっていた。