/6人の補強を成し遂げたトッテナムの2020年夏の移籍マーケットを総括 [football.london]

6人の補強を成し遂げたトッテナムの2020年夏の移籍マーケットを総括 [football.london]

夏の初めに、ロックダウンの巨大な影響がこの競技に打撃を与え、レヴィは次のように語っていた。

「この夏に何事もなかったかのように選手の移籍が起こるかのような記事を私は読んだり聞いたりしていますが、人々 は私たちの周りで起こっていることの巨大さに目を覚ます必要があります」

この発言を念頭に置き、スパーズは移籍マーケットでのビジネスを、慎重に、緻密に計算された、責任ある立ち回りで進めていかなければならなかった。

選手のピッチの上でのプレーの能力以外にも、この夏の補強において設定された重要な基準は、「強力な個性」と「リーダーシップ」だった。

トッテナムはチャンピオンズリーグ・ファイナルでの敗戦以来、あまりにも脆く、そして頻繁に崩れ落ちてしまい、その自信は崩壊しかけていた。

モウリーニョは、まずドレッシングルームで強烈な声を張り上げる勝利者たる選手を欲し、さらにロリスやケインのようにピッチ上でも激を飛ばせるような選手を増やしていくことで、再びクラブが強く前進できるようになることを望んだ。

最初のターゲットは、25歳のサウサンプトンのキャプテンであるピエール・エミール・ホイヴィアで、トッテナムはバイエルン・ミュンヘンで培った強い個性と勝利のメンタリティがこの男に備わっていることを熟知していた。

1月にはすでに彼の移籍についての話し合いが持たれていたが、夏になってこのデンマーク人の契約が残り1年となり、一方のセインツがカイル・ウォーカー・ピータースのローンを完全移籍にしたいと考えていたため、スパーズのダニエル・レヴィ会長は、2つの取引を絡めて、このミッドフィルダーをノースロンドンにわずか300万ポンドで連れてくることを実現させてしまった。

そのわずか7日後、スパーズは元イングランド代表ゴールキーパーのジョー・ハートとフリーで獲得し、経験豊富な選手をチームに加えた。