/6人の補強を成し遂げたトッテナムの2020年夏の移籍マーケットを総括 [football.london]

6人の補強を成し遂げたトッテナムの2020年夏の移籍マーケットを総括 [football.london]

移籍マーケットが続いたここ数ヶ月、トッテナム・ホットスパーはその計画性、粘り強さ、そして少しの運を味方にして、大きな成功を収めてきたと言えるだろう。

この移籍マーケットで獲得した「スーパー・シックス」は、スパーズ・ファンに「マグニフィセント・セブン」の思い出をかき立てるかもしれないが、2013年の夏とはまったく様相が異なっている。

2013年当時のトッテナムは、ギャレス・ベイルを失った穴を埋め合わせようと必死でプレミアリーグの経験のない選手たちの獲得にベイルを放出して得た世界記録の移籍金を元手につぎ込んでいた。

2020年、スパーズは問題点を改善するために細心の注意を払って補強を進め、一方でその資金を得るために主要な選手を手放そうともしなかった。より明確な2013年の夏との違いは、ベイルの復帰で「ベイルを失った穴」を埋めることができたことだろう。

移籍マーケットというのは、それが始まるずっと前から関係者の動きが始まっており、多くの場合、移籍マーケットが始まる前にクラブや代理人、その仲介者はコミュニケーションを取っているものである。

トッテナムの夏の移籍マーケットは、前のシーズン中にジョゼ・モウリーニョが定期的に出していた報告書に基づいて計画が練られており、その報告書ではチーム戦力に何が欠けているのか、どのポジションにさらなる強化やアップグレードが必要なのかを具体的に示していた。

その報告書は、スパーズのテクニカル・パフォーマンス・ディレクターとなったスティーブ・ヒッチェンと彼の配下のスカウト・チームがモウリーニョが必要とする選手を獲得していくための仕事と連動していた。マウリシオ・ポチェッティーノの要求に合うタイプの補強に動いていたそれ以前の5年半とは全く異なる仕事であった。

それに加えて、2020年はクラブ財政が制約を受ける中で、すべてを緊縮予算の中で進めなければいけなかった。