/今週日曜のビッグゲーム、ユナイテッド対リバプールがスパーズのタイトル獲得の命運を握る

今週日曜のビッグゲーム、ユナイテッド対リバプールがスパーズのタイトル獲得の命運を握る

スパーズは苦難の1月を乗り越え、プレミアリーグのタイトルレースにおいてリバプール及びマンチェスター・シティに勝ち点差5と迫っている。

 

また、日曜のリバプール戦でマンチェスター・ユナイテッドが勝利すれば、タイトルレースにおけるスパーズの立ち位置はかなり優位になり、スパーズの自力優勝の可能性さえ出てくる。

オーレ・グンナー・スールシャール率いるユナイテッドの立場からすると、今週日曜の試合は今シーズンをリーグ4位以内で終わるための大切な試合であることはさることながら、オールド・トラフォードで宿敵リバプールのタイトル奪取を邪魔する意味でも大事な試合となるだろう。

今節ユナイテッドが勝利し、かつスパーズが土曜のターフ・ムーアでバーンリーに勝利すれば、マウリシオ・ポチェッティーノ率いるスパーズは27節終了の段階でリバプール及びシティ(シティについては既に27節消化済み)と2ポイント差に迫ることができる。

また、直接対決である3月31日(日)のリバプール対スパーズ、4月20日(土)のシティ対スパーズはプレミアリーグのタイトルレースにおいて、より重要なものとなるだろう。

そして、ここからは仮定に仮定を重ねるが、直接対決を前にスパーズとリバプールの勝ち点差が2ポイント差のままだった場合、スパーズは敵地アンフィールドでの直接対決で勝利することによってリバプールの順位を追い抜くチャンスも得ることになるだろう。

これに加えて、スパーズがリバプール戦で勝利した勢いを4月まで維持できれば、敵地エティハドでもリバプール戦と同様直接対決で順位を上回る可能性もあり、結果としてスパーズはプレミアリーグ首位に立つこともできるのである。