/スティーブ・ヒッチェンがブライトンのグレアム・ポッターを次期監督に推す

スティーブ・ヒッチェンがブライトンのグレアム・ポッターを次期監督に推す

これは、9年前にリバプールが行ったことだ。そう、彼らは当時もリバプールではあったが、国内で8番目に強いチームであり、フラムと勝ち点で並んでいた。

レヴィは思い上がっている。彼は、自分のクラブがチェルシー、リバプール、マンチェスターのクラブと対等に渡り合っていると考えている。例えば、他のイングランドのクラブがハリー・ケインを獲得できると思っていること自体を嫌っている。

しかし、今はノースロンドンのクラブで現実主義が求められている。レヴィは、5年後にトッテナムがどうなっていたいのか、そしてそこに到達するための最善の方法を考える必要があるのだ。

最終的に大きな目標を達成するためには、現時点で『小者』を起用する必要がある。問題は、レヴィにその勇気があるかどうかだ。