/スティーブ・ヒッチェンがブライトンのグレアム・ポッターを次期監督に推す

スティーブ・ヒッチェンがブライトンのグレアム・ポッターを次期監督に推す

それはジョゼ・モウリーニョが望むプロセスではないだろうが、それはそれでいい。モウリーニョは、短期政権で結果を出すことに長けている点を評価され、これまで各クラブで仕事を請け負ってきた。

しかし、今は必要なのは『再起』であろう。スパーズはスタジアムを建設した後に借金を抱え、コロナの流行によってその返済のための収入源のほとんどが断たれてしまった。スパーズは新戦力の補強に大金を費やせるようになるまでに、ある程度の時間を要するだろう。

だからこそ、トッテナムはトップ4に復帰するための戦略的な方法を見つける必要があり、そのためには戦略的な監督が必要になるのだ。

クラブのテクニカル・パフォーマンス・ディレクターであるスティーブ・ヒッチェンは、ブライトンの監督であるグレアム・ポッターを次期監督の候補者リストに載せているのはこのためだ。トッテナムのクラブ内にはポッターを信奉している者が他にもいるが、ヒッチェンの候補者リストはレヴィが検討するために上層部に送られるものだ。

ポッターの招聘はギャンブルになるだろう。ブライトンはその魅力的なフットボールと戦い方にもかかわらず、プレミアリーグで14位だ。ポッターに対してトッテナムでの仕事を与えるかを検討するのは、まだ1年半も早かったとすら感じられる。

しかし、若くて先見性のある指導者にメリットがあるとレヴィを説得しなければならない。

ポッターやボーンマスの前監督のエディー・ハウのような人物の価値を見出すことを学ばなければならない。そのためには、自分のクラブの現状を正しく認識できるようにレヴィを説得しなければならないのだ。

Daniel Levy is on the lookout for a new manager but has been hit by numerous rejections