/クリスチャン・エリクセン:トッテナムでは厄介者として扱われていた

クリスチャン・エリクセン:トッテナムでは厄介者として扱われていた

驚くべきことに、元プレミアリーグの選手がここにいるが…

そうだね。おかげですぐにイングランドの文化に触れられたし、英語で会話ができた。イタリア語のすべてを理解できないのは僕だけじゃない。本当に多くの選手がやって来て、それも同じクラブにだから面白いよね。

こんなことはあまり起こることじゃないよ。これで新天地に馴染むのが楽になるのかどうかはわからないけどね。どこに住むか、どんな家を探しているか、何が起こったのか、何が起こっていないのか、そういったことでも話すことができるんだ。彼らと話せることで、言語(イタリア語)を習得することもできるんだ。

でも、それは本当に重要なことでないんだよ。問題は自分が入ったグループなんだ。これまでのところ周りの人たちや選手たちはとても素晴らしいグループだよ。

今のインテルはエキサイティングな時にあり、リーグ・タイトルへの挑戦とヨーロッパリーグ、コッパ・イタリアも残っている…

あぁ。歴史的には、1月に加入するのはそれほど簡単ではないよ。シーズンの前半戦をずっと一緒にトレーニングしているから、誰もが同じフィットネスレベルにある。僕は彼らのプレーにフィットして、これまでとは違う彼らのやり方を学ばなければならないね。

今週末、これ以上ないほどのビッグゲームを控えており相手チームにはズラタン・イブラヒモビッチがいるが…

もちろん彼の名前はあがってくるよね。それに、(同じデンマーク人の)シモン・ケアーがいる。ずっと前から彼とは話をしているし、インテルと交渉していたときも、彼とは話していたよ。

アタランタ時代もそれほど遠くなかったからね。僕と彼が対戦するのは初めてだから楽しいだろうね。これで僕らのリーグの順位が良い位置になってくれることを願っているよ。

スパーズ公式グッズの送料無料キャンペーンのご紹介
送料無料の条件:120ポンド(約14000円)以上の購入


おすすめグッズ
✅ユースXLの2019-20シーズン ホーム・ユニフォーム ¥7,700
8000円以下と割安なユース用ユニフォーム(レプリカ)だが、日本人の170cm台の中肉であればちょうどいいサイズでお得。

(下の画像をクリック)