/クリスチャン・エリクセン:トッテナムでは厄介者として扱われていた

クリスチャン・エリクセン:トッテナムでは厄介者として扱われていた

トッテナムについて昨シーズンは大きな成功を収めたのに急激に熱が冷めたように思えるが…

あぁ。その通りだね。チャンピオンズリーグの決勝は特別な瞬間だった。トッテナムの歴史上、初めてだったんだ。そこに立てたことはとても素晴らしく、美しいものだったよ。でも、そこで負けたら、次の日にはこの世の終わりさ。そういうものだよ。

あの後が大変だったのさ。新しいシーズンが始まったとき、周りはチャンピオンズリーグ・ファイナルをまだ悲しんでいた。いくつかの悪い結果が続いた後、慣れていない悪いスパイラルに落ちて、そこからの立て直しが困難になった。

でも、プレミアリーグを見ると、実際に絶好調のチームは1つだけだ。トッテナムだけでなく他のすべてのチームは、自分の場所を見つけようともがいている。

過去5年間のクラブの歴史は、トッテナムがそれ以前の長い間、経験してこなかったことなんだ。終わりの時だとは言わないまでも、ある意味でそれは僕らが予期していなかったし、望んでいなかった状況だった。

1月になり、いつ移籍することを実感した?

真剣に考えるようになるまでだね。トッテナムが何を望んでいるのか、インテルや他のクラブがどれだけ支払うつもりかということさ。

最終的に、トッテナムがそこは決定権を持っている。レヴィ会長が決めることだ。彼がイエスかノーを決める。できる限りプロフェッショナルに振る舞い、何かを強いられないようにしないといけないんだ。

インテル・ミラノが常に頭にあったのか? マンチェスター・ユナイテッドなども何度か話題になったが…

ここ数年、それは本当に起こり得ないことだったね。もちろん彼らと話をし、何が可能で何が不可能かを確認したんだ。でも最終的に、僕は個人的に、新しい挑戦を望んだんだよ。プレミアリーグに留まるのは短絡的な解決にしかならなかっただろう。

もちろん、トッテナムに残ることも解決策だったけど、僕にとっては新しい国で新しい挑戦をしたいという気持ちだったんだ。インテルが浮上したことで、それはそれほど難しい選択ではなかったんだよ。