/ジョゼ・モウリーニョ:サウサンプトン戦(FAカップ)を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:サウサンプトン戦(FAカップ)を控えての記者会見

スパーズのヘッドコーチは土曜日にサウサンプトンでの対戦に備えている。

この週末、サウサンプトンはトッテナムにとって厳しい試練を仕掛けてくると、ジョゼ・モウリーニョは分かっており、この試合がFAカップであるという考えすら持っていないと言う。

セインツは監督のラルフ・ハーゼンヒュットルのもと好調、急上昇中でプレミアリーグの順位を上げており、ストライカーのダニー・イングスは次々とゴールを決め、その上昇に貢献している。

イングスをFAカップ4回戦を考慮して火曜の夜は休養させたサウサンプトンだが、それでもセルハースト・パークでクリスタルパレスを2-0で倒している。

元旦にプレミアリーグでスパーズに勝利して以来、セインツはどこが向上したかを問われたモウリーニョは、そのハリー・ケイン、タンギ・エンドンベレ、ムサ・シソコが3人が怪我を負った試合について語っている。

「彼らは変わってはいないよ。とても良いチームだ。強いし、プレーのパターンがある。2人のストライカーでプレーしている。ウォルブズに負けた試合以外ではとても強くて、勝利、勝利、勝利の連続だね」

「ウォルブズは負ける可能性のあるチームの一つだ。本当に本当に良いチームだからね。何を期待出来るんだ? 24時間、我々よりも休養をとったチームにだよ。休養の点では、彼らに24時間のアドバンテージがあるんだ。己を信頼し、自信に溢れてるチームだ」

「繰り返すが、相手にして戦うにはとても難しいチームだ。それが大変だということも、大変になるだろうということも、あそこで戦ってよくわかった。あのときは少し不運だったし、サウサンプトンはラッキーだったね」

「ハリー・ケインのゴール、審判の判断、ハリーの負傷、早い時間帯でのエンドンベレの負傷。自分たちではコントロールできない、非常に多くの事態に対して戦わなければならなかった」

「唯一、我々がコントロールできたのは、ノリッチ戦で見せたのと同じようなスピリットと上手くやろうという欲求だった。だからOKだよ。中2日だ。挑んでいくよ」

NIKE OPTIC ZIP HOODIE 2018/19(約6,000円)