/ウーゴ・ロリス:飲酒運転で5万ポンドの罰金と20ヶ月の免許停止を科される

ウーゴ・ロリス:飲酒運転で5万ポンドの罰金と20ヶ月の免許停止を科される

 

ロリスとフランス代表のチームメイトは、レストランのもてなしに大いに満足し、仲間との食事を堪能していた。サン弁護士は続ける。

「彼がレストランを出た時間は午前2時。酔っ払っていた」

「その時、彼はその店に自家用車を置いて、泥酔状態からの回復を気にかけてタクシーで帰宅すべきだった」

ヘンリー・フィッチ検察官は、ロリスが午前2時20分に警察に停止された時、車の中に同乗者がいたと明かす。

フィッチ検察官は、ポルシェの「動きがスムースではなく、思ったよりもスピードが出ていなかった」と述べている。

「警察官は、車が何度も方向を変えながら路肩に停めている車の方に向かっていき、当たりそうになったところで方向転換するのを目撃している」

「彼の話す言葉はたどたどしく、車から降りる際には警察官の助けを必要としていたほどだった。足元もおぼつかず、嘔吐の跡もあった」

そこでロリスはアルコール検査を受け、100ミリリットルの息から法定限度の35マイクログラムの倍以上となる80マイクログラムのアルコールが検出された。

TAGS: