/ジョゼ・モウリーニョが見出すピエール・エミール・ホイヴィアのパーフェクト・パートナー

ジョゼ・モウリーニョが見出すピエール・エミール・ホイヴィアのパーフェクト・パートナー

ロチェルソ、タンギ・エンドンベレ、ピエール・エミール・ホイヴィアの中盤のトリオが形成されることをファンは以前から夢見ていたが、57歳の指揮官は、まだこのトリオの力を解き放つことができていない。

しかし、プレミアリーグ、ヨーロッパリーグ、カラバオ・カップと多忙なスケジュールが続くスパーズで、今後数週間のうちにどこかのタイミングで3人の共演が実現する可能性は十分にある。

これまでプレミアリーグで試合途中から出場してフィットネスの構築に励んでいたロチェルソは、今回のインターナショナル・ブレイクを経て、今シーズンの山場とも言える11月、12月の日程に向けてプレーする準備ができていることを示している。

先週、パラグアイとの1-1の引き分けに終わった代表戦で、アルゼンチン代表として前半早々に交代でピッチに入った24歳のロチェルソは1アシストを記録する活躍を披露し、さらに、続くペルー戦で2-0の勝利に貢献した。

🎥パラグアイ戦のジオバニ・ロチェルソ

パラグアイ戦での活躍が評価されて、ペルー戦で先発出場したロチェルソは、ニコラス・ゴンザレスの先制ゴールをアシストしている。

ロチェルソはリマでのペルー戦で90分間のフル出場を果たしたが、モウリーニョやスパーズのコーチングスタッフは、これを好意的に受け止めただろう。

ロチェルソがこの1週間でフィットネスを取り戻したことを証明したのは、マン・シティ、チェルシー、アーセナル、リバプールとの試合を控えたスパーズにとって朗報だ。