/トッテナムがタンギ・エンドンベレ獲得レースに勝利した理由(わけ)

トッテナムがタンギ・エンドンベレ獲得レースに勝利した理由(わけ)

マンチェスター・ユナイテッドとユベントスに先駆けて、トッテナムはどのようにして6300万ポンドのタンギ・エンドンベレの獲得を成功したのか。

 

火曜日、エンドベレはスパーズのこの夏の2人目の補強となり、トッテナムはクラブ・レコードの移籍金を支払うことになった。

フランス代表ミッドフィルダーは、夏の移籍マーケットが始まってからその大半においてスパーズへの移籍が取り沙汰されていたが、火曜日の午後にノースロンドンへの移籍を完了した。

リーズ・ユナイテッドからジャック・クラークも同様にスパーズへの移籍を火曜日に成立させたがに、マウリシオ・ポチェッティーノのチームに即時には加わらず、シーズン・ローンでリーズに戻りチャンピオンシップを主戦場となることになった。

エンドンベレはスパーズに5400万ポンドで加入しており、今後の活躍によってリヨンに最大で900万ポンドの追加の移籍金を支払うことになる。

スパースはエンドンベレの獲得のために、マンチェスター・ユナイテッドやユヴェントスといった列強と競合していた。

この22歳を争った獲得レースに、スパーズはどのように勝利したのか。

水曜日のフランス紙「L’Equipe」の報道では、この移籍のプロセスについて洞察しており、トッテナムがいかにして彼の望みを叶えたかを明らかにしていた。

「月曜日にエージェントと一緒にロンドンに到着した時、エンドンベレはスパーズとの契約を成立させるにはからまだ程遠い状態だった」

「6月11日にフランス代表に合流した時、彼は自分の将来について決めたいと思っていたはずだが、フランス代表に集中できるようにいかなる交渉にも気を取られていないことを明かしていた」

「この時点で、ユベントスは数ヵ月にわたってエンドンベレ陣営と何度も話し合いを重ねており、スパーズが交渉の席を持つ5週間前に、エンドンベレとの契約を成立させようとしていた」

「その状況が変わったのは、ユーベがもっと時間を掛けたいと要求し、トッテナムがそこにつけ入ったためだ」

「結果的にアドリアン・ラビオと契約したユベントスは、エンドンベレとの交渉の延期を求め続けた。マンチェスター・ユナイテッドも、ポール・ポグバの状況を先に整理したかったためエンドンベレにもっと時間をくれるよう要請していた」

 

スパーズ公式グッズの送料無料キャンペーンのご紹介
送料無料の条件:120ポンド(約14000円)以上の購入


おすすめグッズ
✅ユースXLの2019-20シーズン ホーム・ユニフォーム ¥7,700
8000円以下と割安なユース用ユニフォーム(レプリカ)だが、日本人の170cm台の中肉であればちょうどいいサイズでお得。

(下の画像をクリック)