/マウリシオ・ポチェッティーノはルーカス・トレイラの追加の処分を防いでいた

マウリシオ・ポチェッティーノはルーカス・トレイラの追加の処分を防いでいた

 

アーロン・ラムジーの前半の先制ゴールも、後半にスパーズがハリー・ケインのPKで同点に追いつき、アディショナルタイムにピエール・エメリク・オーバメヤンがPKを失敗したことで終戦となったノースロンドン・ダービー。エメリは、いくつかの大きな判定があったなかでもアーセナルの選手たち落ち着いたプレーをたたえている。

スペイン人指揮官はトレイラ、オーバメヤン、メスト・エジルをベンチに置き、4バックで臨んだことでスパーズの意表を突いた。

「どの試合もそれぞれなんだ。4バックで戦うこともあれば3バックの時もあるが、チームは成長していると思うし、異なるシステムを学んでいるよ」

「システムを変えているのは相手に合わせるためであり、さらには選手たちの連携を最大限に引き出すためだよ」