/ウーゴ・ロリスがプレミアリーグで100度目のクリーンシートを達成

ウーゴ・ロリスがプレミアリーグで100度目のクリーンシートを達成

日曜日のホームでバーンリーに4-0で勝利した試合で、クラブのキャプテンであるウーゴ・ロリスはプレミアリーグでの100度目のクリーンシートというキャリアの節目を迎えた。

2012年10月のアストンヴィラとホームで戦い、2-0の勝利でプレミアリーグ・デビューを果たしたウーゴは、9シーズンに渡ってスパーズのユニフォームで無失点試合を積み重ね、プレミアリーグで100度目のクリーンシートを達成した16人目のゴールキーパーとなっている。

日曜日の勝利の後、スパーズTVのインタビューに応じたフランス代表キャプテンは、次のように語っている。

「この数字にはとても満足しているよ。チームメイトの助けがなければ、この数字には到達できなかったね」

「フットボールはチームワークとチームの努力がすべてで、その上でクオリティーが問われてくる。この数字にはとても満足しているし、もっともっとこの数字増やしていけることを願っている。それと、もちろんチームメイトと同じように僕もこのチームと日程に集中している。プレミアリーグではもっと良い戦いをしなければならないね。今日がチームの立て直しのための第一歩であり、次のヨーロッパリーグにもつなげていきたい…。僕らは大きなことをやってのけるだけの強い信念があるんだ」

100試合以上のクリーンシートを記録したスパーズのゴールキーパーは2人いる。マンチェスター・シティ、バーミンガム・シティ、ウェストハム、バーンリーで通算127度のクリーンシートを達成した現役のジョー・ハート。そしてスパーズの他にアストンヴィラ、リバプール、ブラックバーン・ローバーズで132度のクリーンシートを達成したブラッド・フリーデルだ。