/移籍市場をあと1ヶ月残す中での現在のビッグ6の動向とは

移籍市場をあと1ヶ月残す中での現在のビッグ6の動向とは

 

チェルシー

 

◆すでに見せた動きは?

移籍活動禁止処分によって、彼らはすでに登録されている選手たちの正式獲得以外の動きができない。 クリスチャン・プリシッチはアメリカでのゴールドカップからチームに合流し、マテオ・コバチッチはローンから完全移籍へと再契約を完了させている。また、歓迎すべきは数多くいるローン選手たちのローンバックであり、それはともすれば新戦力の獲得であるともいえるだろう。

エデン・アザールの放出は巨大だが避けられない事態であり、同じことはアルバロ・モラタやゴンサロ・イグアインらについては言われないだろう。また、長年の功労者であるギャリー・ケイヒルについてもクラブを去ることを許可している。

 

◆残り期間でやるべきことは?

禁止処分によって、クラブやフランク・ランパード新監督にできることは、ローンから戻ってきた選手たちを見直して、どの選手をチームに投入することが最もチーム強化につながるのかを見極めること以外にはない。 この処分は、チェルシーがローン先でチャンスを掴もうと奮闘する何人もの有望な選手たちを見つめ直す良い機会であるともいえるだろう。

現時点での順位予想:4位

 

トッテナム

 

◆すでに見せた動きは?

クラブレコードである6300万ポンドでタンギ・エンドンベレを確保し、この移籍市場におけるクラブの意思を強烈に宣言している。 ジャック・クラークは、リーズから獲得契約後、エランドロード(リーズ・ユナイテッドの本拠地)にレンタルバックされることになっており、より将来を見据えた獲得である。 フェルナンド・ジョレンテの契約は満了し、またミシェル・フォルムはすでにフリーでクラブを去っている。

 

◆残り期間でやるべきことは?

いくつかの未解決の問題に対して、答えを見つける必要がある。トビー・アルデルヴァイレルト、クリスティアン・エリクセン、キーラン・トリッピア、また何人かのミッドフィルダーたちといった選手たちの不透明な未来は、更なる代役の補強を必要とするかもしれない。 中盤には、より高い質、創造性、そして得点力が求められる。ソン・フンミンはハリー・ケインと並んで、あるいはその代役として数えることのできる選手であることを示したが、さらに別の選択肢を広げることはチームの更なる強化に繋がるだろう。 また、チームはフラムの新星ライアン・セセニョン獲得交渉をまとめ上げることを期待している。

現時点での順位予想:3位