/アントニオ・コンテがすでに劇的に改善した点とこれからの改善余地 [The Analyst]

アントニオ・コンテがすでに劇的に改善した点とこれからの改善余地 [The Analyst]

アントニオ・コンテはトッテナム・ホットスパーを改善すべく11月に始動したが、特に忙しい年末年始の過密日程の期間とコロナの再流行によってトレーニング・グラウンドで費やせる時間が制限されることを考えると、どれだけ早く状況を好転させられるかには疑問符がつくところだった。しかし、コンテはその疑問に見事に答え、プレミアリーグで8試合無敗の記録を継続しているスパーズは、すでにコンテらしさが定着したチームのように見える。

カップ戦での2つの心配なパフォーマンスを露呈した後だけに、コンテを賞賛するのは奇妙に思えるかもしれない。EFLカップのチェルシー戦(ファーストレグ)での2-0の敗戦はかなりひどく、FAカップのモアカム戦での3-1の逆転勝利も、タンギ・エンドンベレの途中交代に象徴されるようにチームとしてはバラバラであった。

この過渡期において、イタリア人は上手くいった週と同じように難しかった週からも多くを学ぶだろう。それに、11月5日にコンテが監督に就任して以来、パフォーマンスが急速に向上していることを示すスタッツを無視することはできない。

すぐに目につくのは2つの点だ。戦術云々の前に、トッテナムがいかにハードワークによって攻守の両方で、全エリアが向上してきたことを浮き彫りにしている。1つ目は、コンテの就任当時、スパーズはプレミアリーグで最下位の平均走行距離(1試合あたり100.2km)だったのが、コンテが指揮を執ってからの8試合では、スパーズはトップ(1試合あたり114.2km)に浮上したことだ。

2つ目は、スパーズのxG(期待ゴール数)の得点と失点の両方で、これは急速に、そして安定して改善されている。

「現実の得失点差」と「期待ゴール数に基づく得失点差」の変動

Spurs Rolling Expected Goals Difference

これはスパーズが改善したことを示すのに十分な証拠だろう。しかし、これが単なる監督就任ブーストではないことを、闇雲に走り回っただけではないことを証明するために、コンテの複雑な戦術的戦略の理論と実践を見てみよう。