/ソン・フンミンへのレッドカードに元エバートンの選手たちが抗議

ソン・フンミンへのレッドカードに元エバートンの選手たちが抗議

アンドレ・ゴメスが恐ろしい怪我を負ったことで、トッテナムのフォワードのソン・フンミンにレッドカードが出された。元エバートン選手のティム・ケーヒル、パット・ナビン、ルイ・サハは即座に擁護に回っている。

ソンのタイミング遅れのタックルはエバートンのミッドフィールダーを後方から捕らえ、その勢いでゴメスはトッテナムのライトバックのセルジュ・オーリエにつっこみ負傷する結果となった。

その影響でソンは明らかに取り乱し、主審のマーチン・アトキンソンは当初ポケットからイエローカードを取り出したように見えたが、その後トッテナムのフォワードに対しレッドカードを示し、ソンはトンネルへと下がって行った。

だがスカイスポーツの番組の中で、エキスパートとしてのコメントを述べたエバートンの元選手たちは、ソンは退場になるべきではなかったという確信で一致している。

ケーヒルはこう述べている。

「私は全てのエバートンに関わる人たちと同じくらい青に染まっているよ。この事件を見てみれば、非常に不運なことだった。本当にこの上なく不幸なことだよ」

この状況でこの選手(ソン)については、彼は突進して来たが足は(ゴメス)を負傷させるようには来ていなかった。

「チャレンジは好きだし、フットボールというゲームの闘志あふれる一面は大好きだ。だが何よりもゴメスに対して気の毒だと思うし、ソンに対しても同様だ」