/ソン・フンミンがブレントフォード戦でのコーナーキックでの狙いと先制ゴールが生まれた理由を明かす

ソン・フンミンがブレントフォード戦でのコーナーキックでの狙いと先制ゴールが生まれた理由を明かす

ソンフンミンは、ブレントフォードに勝利したスパーズのチームメイト全員を称賛し、ゴールを決めることができた理由とアントニオ・コンテがチームに期待することを説明している。

フンミン・ソンは、木曜日に行われたブレントフォード戦で2-0の勝利に導いたトッテナム側のチーム・パフォーマンスを称賛した。

Whoscoredによると、トーマス・フランクのチームとのこの試合でソンは2本のシュートを記録し、いずれもゴールの枠内に放ち、1本はゴールネットを揺らしている。

また、ソンは81%のパス成功率を誇り、9本のクロスを上げ、そのうち1本はセルジ・カノスのオウンゴールによるトッテナムの先制ゴールにつながった。

アントニオ・コンテは、ノースロンドンのクラブの監督に就任してまだ数週間だが、すでにピッチの内外で改善が見られ、選手やファンの間にポジティブな雰囲気が生まれている。

ブレントフォード戦ではトッテナムが先制ゴールを挙げるまでの間、スパーズの選手たちは素晴らしいプレーを見せていた。エメルソン・ロイヤルが相手からボールを奪って反撃の狼煙を上げると、そのボールをダビンソン・サンチェスがソンにフィードし、ソンに送る。29歳のソンはヘディングでボールを落としてハリー・ケインに渡し、ケインはセルヒオ・レギロンに見事なスルーパスを出してレギロンがクロスを上げると、ソンはボールをゴールに流し込んだ。

韓国人アタッカーはチームを称賛。自らのゴールのためのコンビネーションを「美しかった」と表現し、ボールをネットに入れるという「簡単な仕事」だったと語った。

ソンは試合後、Amazon Prime Video Sportのインタビューで「素晴らしいパフォーマンスだった」と語っている。

「試合のスタートから、本当にハードな戦いができたね。自分たちのホームだからこそ、相手にとって恐ろしい夜にしたかったし、幸運にもそれがうまくいったんだ」

「ベンチのメンバーも含めたチームワークにも満足しているよ。僕らは素晴らしい仕事をしたね」