/ヤン・フェルトンゲンへの送別の言葉 [Spurs Official]

ヤン・フェルトンゲンへの送別の言葉 [Spurs Official]

このクラブで8年を過ごしたヤン・フェルトンゲンは多くの友人に愛されている。

新たな活躍の場に向かおうとしてするなかで、このベルギー代表のディフェンダーがチームのなかでどのような存在であったのかを詳らかにすべく、現在の多くのチームメイトたちやジョゼ・モウリーニョの声を聞いた。

ウーゴ・ロリス

時としてキャリアの中で、偉大な人たち、素晴らしいチームメートたちと出会うことがある。ヤンはそういう中の一人だ。周知のように僕はヤンと同じ年(2012年)にここに来て、8年間を一緒に過ごした。ともにクラブの成長や向上を見てきた。クラブが道を切り開いていく中で、ヤンは確かに自身を捧げてきた。とても強力な個性を有しており、僕らは間違いなくこの男がいなくなって寂しく思うだろうし、選手としても懐かしむだろう。選手として彼がやってきたことは長く語り継がれるに相応しいものだ。不運なことにトロフィーを得ることはできなかったが、僕らの成功の鍵となったのはクラブの成長だ。チャンピオンズリーグに何年か連続して出場し、そしてプレミアリーグ優勝にも手が届きそうだった。そして一番は、敗れはしたが昨年のチャンピオンズリークの決勝に進んだことだ。これはファンの記憶に残り続けるものだろうね。彼はいつもベストを尽くし、クラブのためにピッチの上に全てを残してくるような人物だ。素晴らしいチームメート像だよ。彼が去るのは悲しいニュースだが、これもフットボールの一部だ。僕らは彼の未来が素晴らしいものであるように願っているよ。