/【コラム】ポチェッティーノ解任のトッテナムの決断は正しかったのか?

【コラム】ポチェッティーノ解任のトッテナムの決断は正しかったのか?

彼はマンチェスター・ユナイテッドと常につながりを持っていたが、オーレ・グンナー・スールシャールが現在の指揮を執り、クラブの経営陣から支持を得ている。

ポチェッティーノはまた、レアル・マドリードにも関心を持たれているが、まずはジネディーヌ・ジダンからの変更をレアルが決断する必要があるし、こちらもポチェッティーノを崇拝するパリ・サンジェルマンにはトーマス・トゥヘルが指揮を執っている。

11月初めのニコ・コヴァチの解任したバイエルン・ミュンヘンは、今、空きがある大きな仕事だ。

暫定でヘッドコーチを務めるハンス・フリックは印象的なスタートを切り、バイエルンは、「追って通知があるまで」彼が指揮を執ると発表しているが、まだ恒久的な合意の兆候はない。

ポチェッティーノはあらゆる可能性を持っており、彼が解雇されたというニュースは間違いなくブンデスリーガの巨人たちを警戒させるだろう。

彼はプレミアリーグに復帰するのだろうか。どの仕事が彼を引き付けるかを見極めるのは難しい。

次にプレミアリーグで大きな仕事に空きが出るのは? そう、ウナイ・エメリはアーセナルで重いプレッシャーに晒されている。

そして、トットナムはどうか?

ポチェッティーノの荷造りが公表された瞬間、その行列の先頭にはジョセ・モウリーニョが立っていた。

現在、このポルトガル人は職に就いておらず、レアル・マドリードなどの仕事もただちにオファーが来る状況にはない。昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドを去ってからロンドンに拠点を置いている「スペシャル・ワン 」はトッテナムの職に関心を持つだろう。

問題は彼がレビィ会長の望むタイプの指揮官かどうかだ。彼の招聘は安くはないし、雇ってからも安くはない。ポチェッティーノが得られなかった高額の補強をこの男は要求するだろう。

他にも、ボーンマスのエディー・ハウ、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ、ナポリのカルロ・アンチェロッティなどが候補に挙がっているが、モウリーニョはポチェッティーノの解任されるやいなや、最速で名前が浮上した。

Tottenham Hotspur