/【コラム】ポチェッティーノ解任のトッテナムの決断は正しかったのか?

【コラム】ポチェッティーノ解任のトッテナムの決断は正しかったのか?

2019年のプレミアリーグの戦績で、スパーズは18試合に負けており、これより多くの試合で負けたチームは存在しない。2008年にフアンデ・ラモスとハリー・レッドナップのもとで19敗を喫したのに迫る、11月半ばの現時点で暦年で最も多く負けたスパーズである。

ポチェッティーノは、クラブに留まりたくないと思っているわけではなかったが、仕事を楽しんでいる男性の印象を与えてくれるわけでもなかった。

彼のその考え方や態度は彼のチームにも反映されており、レヴィ会長が行動を起こさなければならないと感じるほどに暗い印象が蔓延っていたのだ。

レヴィ会長は正しい決断をしたのか?

外部の者たち、そして実際には多くのスパーズのサポーターたちも、早急すぎたポチェッティーノの解任と、それが発表された残酷な方法を即座に非難した。そして、それらは確かに的を射てもいる。

ポチェッティーノは、スパーズをヨーロッパで最も高く評価されているトロフィーまであと90分間というところまで導き、2014年にサウサンプトンからスパーズにやって来た後、連続してトップ4の目標を達成した。

ホームのホワイトハート・レーンからスタジアムを移転したことで財政的な制約を受けたにもかかわらず、スパースを復活させ、ヨーロッパのエリートの仲間入りをさせたことで、彼は欧州フットボール界で最も切望されている指導者の一人となった。

ポチェッティーノの全体的な記録は非常に印象的だが、決定的に重要なのは、彼とスパーズはトロフィーに手が届いていないことだ。

55.9%の彼のスパーズでの勝率は、レヴィがポチェッティーノの更迭を早まったと非難する人たちの主張を裏付けるものであり、「Thank you football」と言ってテレビカメラの前で涙ぐんだチャンピオンズリーグ準決勝の2つのゴールからの劇的な逆転劇など、スパーズに素晴らしい時間をもたらした監督に対して、忍耐を見せることを拒否した結果とみなされている。

しかし、今シーズンの戦績によると、スパーズの心臓部には明らかに何か問題があった。腐っていないにしても、確かに新鮮さを失っていた。

Tottenham Hotspur