/【コラム】ポチェッティーノ解任のトッテナムの決断は正しかったのか?

【コラム】ポチェッティーノ解任のトッテナムの決断は正しかったのか?

クラブの関係者の中には、彼がトレーニング・グラウンドで周りとの距離を置くようになってしまったことをほのめかす人さえいた。

7月にレアル・マドリードとの親善試合で勝利した後、ポチェッティーノがクラブでの彼の影響力(あるいは影響力の欠如)について非常に辛辣な発言をしたとき、危惧すべき兆候ははっきりしていた。

「選手を売る、選手を買う、契約書にサインする、または契約書にサインしない。そういったことは私の手ではなく、クラブとダニエル・レヴィ会長の手にあると思っている」

「クラブは私の肩書き(役職)とその役割を変える必要があるよ。もちろん私は戦略的な仕事を決める立場だが、他の分野には関知していないんだ。今、私はコーチのような身分だね」

サー・アレックス・ファーガソンは以前、マンチェスター・ユナイテッドで「4年周期」について語っていた。チームに大きな刷新が必要とされる周期のことであり、新たな選手たちを導入することで、新たな意見やアイデアを吹き込む必要があるという考えだ。

ポチェッティーノは、クラブの財政的な制約のために、それを実行することができなかった。今シーズン、彼が率いていたのは「古びたチーム」だったようだ。

スパーズの現在の陣容は、すべてではないもののポチェッティーノのもとで長く戦ってきたエリクセン、ローズ、ヤン・フェルトンゲン、ハリー・ケイン、デレ・アリ、エリック・ダイアーといった選手たちに重く依存している。

彼らはインスピレーションが不足しているように見え、137年のクラブの歴史の中で初めてホームでの7失点を許したチャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘンとのホームゲームでの屈辱的な7-2の敗戦のようなパフォーマンスにそれは反映された。

彼らは再びノックアウト・ステージに向かっているが、レヴィ会長が声明で述べたように、「残念なことに、昨シーズンの終わりから今シーズンの初めにかけて、国内戦の成績は低迷」してしまった。

スパーズは現在、プレミアリーグで14位で、4位のマンチェスター・シティに11ポイント差で、開幕からの12試合のうちたった3試合しか勝っていない。

ポチェッティーノが、コルチェスター・ユナイテッドを相手にリーグカップで敗退した後、「異なる意図」を持つ選手について語らざるを得なかったことも意味深い。

Tottenham Hotspur