/【コラム】ポチェッティーノ解任のトッテナムの決断は正しかったのか?

【コラム】ポチェッティーノ解任のトッテナムの決断は正しかったのか?

トッテナムのダニエル・レヴィ会長は、マウリシオ・ポチェッティーノの解任という冷酷な決定を隠そうとはしなかった。これは「解任」であり、「双方合意」での幕引きではなかった。

このアルゼンチン人指揮官がマドリードでのリバプール戦でスパーズをチャンピオンズリーグで初の決勝に導いてからわずか数カ月後のこの結末は、多くの人にとって異例な展開と見られるだろう。

今になってみると、スパーズの2-0の敗戦が「終わりの始まり」だった。

その夜、ワンダ・メトロポリターノで何かが壊れ、そこからクラブと今となっては「前監督」は一枚岩ではなくなってしまった。

なぜこれほど急激にチームが崩壊したのか?

チャンピオンズリーグの頂点を決める舞台に達したスペインでのその華やかな夜に、クラブと監督が黄金の未来に向けての確固たる道筋をたどっているようだった。

それにもかかわらず、その夜の敗戦によって、クラブが10億ポンドを投じた新スタジアムの建設のために移籍マーケットで補強に働くことができないことへのポチェッティーノの抱える無念さを露呈した。

クリスチャン・エリクセン、トビー・アルデルヴァイレルト、ダニー・ローズなど、チームの変革のための資金を調達するために売却する予定だった選手たちはクラブに留まり、状況はさらに悪化した。

この敗戦の痛手は、ポチェッティーノにとって重大な転機となった。彼はチームの活力を変えることができず、自分自身と選手たちのバッテリーを充電する方法が失ってしまった。

47歳のポチェッティーノは、後にスパーズがリバプールに勝利していた場合には自ら退陣したかもしれないことを認め、明らかな態度の変化を露呈し、無愛想で陰気な姿をさらけ出した。

Tottenham Hotspur