/ハリー・ウィンクス:イングランド代表でチャンスを得るためにスパーズでのポジション争いが重要

ハリー・ウィンクス:イングランド代表でチャンスを得るためにスパーズでのポジション争いが重要

日曜日のベルギーのルーヴェンで2-0の敗戦を喫したことによりイングランド代表のネイションズ・リーグ・ファイナルへの連続出場の希望を途絶え、ウェンブリーでのアイスランド戦は消化試合となる。

それでもウィンクスは、今のスリーライオンズには「恐ろしいほど」のチーム力があると信じており、来年夏の欧州選手権を制するだけのクオリティーがあると主張している。

「僕らは、選手の顔ぶれという意味では間違いなく強豪に位置しているし、チーム戦力のクオリティーの高さも恐ろしいよ。代表に呼ばれる可能性のある選手の数もすごく多いから監督は判断するのが大変だろね」

「今のイングランド代表の良いところは、技術的に優れた多くの選手がいて、それぞれのクラブで高いレベルのパフォーマンスをしていることだ。ひとたびチームとして調和して、安定感を発揮できてユーロに望めれば、その舞台で快進撃を披露できると信じているよ」

ギャレス・サウスゲート監督が好んで使っている3-4-3のシステムは、デンマーク戦とベルギー戦で敗れたことにより多くの批判を浴び、イングランドの監督はネガティブすぎると非難された。

日曜日、ジェイドン・サンチョをベンチに置き、3バックにウイングバックを2人、そしてヘンダーソンとデクラン・ライスの中盤に並べた。ハーフタイムにはヘンダーソンに替わってウィンクスが投入されている。

「前に出て敵陣に仕掛けていける2人のフルバックがいることを僕らは忘れているんだ」

<p>Winks in action against Belgium</p>