/ハリー・ケイン:プレーしていて楽しかったよ [SpursOfficial]

ハリー・ケイン:プレーしていて楽しかったよ [SpursOfficial]

木曜日の夜、トッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われたN17とN5をレペゼンする両軍の対戦で、ハリー・ケインが2ゴールを決めて3-0の勝利を収めた。

アーセナルがロブ・ホールディングの退場により10人となり、ハリーはPK(1-0、22分)と近距離からのヘディング(2-0、37分)でこのダービーでの通算ゴール数を13とし、スパーズが完全に主導権を握った。さらに後半2分にはソン・フンミンが3ゴール目を決め、試合を締めくくった。

この結果、両チームともプレミアリーグの4位を争うなかでスパーズとアーセナルとの勝ち点差は1ポイントに縮まり、残り2試合となった。次の試合は、日曜日の12時(日本時間20時)、ホームにバーンリーを迎え、アーセナルは月曜日の夜、ニューカッスルに向かう。

ダービーで快勝した後、どのような気分だったかと聞かれたハリーは、SPURS TVにこう答えた。

「いい気分だよ。シーズン序盤の敵地でのあの結果(ハーフタイムに3-0でリードされて3-1で敗戦)の後だけにね。あれから、僕らは大きく成長したんだ」

「この試合への期待が高まっているのを1週間前から感じていたし、ここに来たときの雰囲気もすごかった。この試合がいかに重要かは分かっていたよ。勝たなければ、チャンピオンズリーグはほぼ消滅すると思っていた」

「僕たちは後方から前方まで、全力で戦った。高い位置からプレスをかけ、本当にいいプレーができたよ。後半、自分たちのやり方で試合をコントロールできたのは良かったね」

「試合を本当にうまくコントロールできたよ。2ゴール目を獲り、後半の早い時間帯に3ゴール目を決めて、うまくボールを動かした。相手にとって難しい状況にし、ボールを持っているときは相手を走らせて、(奪われても)すぐ奪い返し、キープすることができたね。プレーしていて楽しかったよ。ノースロンドン・ダービーのようなビッグゲームでこんな戦いができるのは珍しいよ」