/「マンチェスター・シティがハリー・ケインに1億ポンドの獲得オファーを提示」との情報を両クラブ情報筋は否定 [Manchester Evening News]

「マンチェスター・シティがハリー・ケインに1億ポンドの獲得オファーを提示」との情報を両クラブ情報筋は否定 [Manchester Evening News]

マンチェスター・シティが、トッテナムのストライカーを獲得するために最初に出て、夏の移籍マーケットを大々的にスタートさせたとの情報が出ている。

マンチェスター・シティとトッテナムの関係者によると、現時点でハリー・ケインに対する正式なオファーはないという。

報道によると、シティは、イングランド代表キャプテンがユーロのチェコ戦に挑む24時間前に、1億ポンドの最初のアプローチをして、夏の移籍マーケットを大々的にスタートさせたようだ。

また、シティはスパーズに対し、退団するセルヒオ・アグエロの代役としてこのストライカーを獲得するために、トレードに出してもよい選手の候補を提示したとも言われている。

ケインはシティへの移籍を希望しており、シティはケインを今夏の優先補強ターゲットの最上位に位置づけている。

しかし、同選手は、イングランド代表のユーロが終わるまでは自分の将来を決めるつもりはないとも明言している。イングランドは明日の夜、ウェンブリーで引き分けか勝利でノックアウト・ステージへの出場権を得ることになる。

報道では、スパーズがすでにこのオファーを拒否したとされているが、ホワイトハート・レーンの情報筋は、ケインの状況に変化はないと語っている。

また、シティの関係者も同様に、獲得オファーが提示されたという情報を否定しており、ユーロが終了するまでは、移籍先に関して本格的な動きはないと考えているようだ。

スパーズのダニエル・レヴィ会長は、まだ契約が3年残っているケインを失いたくないと語っているが、同選手は少年時代からトッテナムに在籍したものの、トロフィーを獲得することを望んでおり、ノースロンドンのクラブではそれが実現する兆しがみえていない。

シティはケイン獲得の希望を隠しておらず、ペップ・グアルディオラはケインがシティのシステムに完璧にフィットすると考えているようだ。