/ハリー・ケイン:移籍するかどうかはスパーズ次第

ハリー・ケイン:移籍するかどうかはスパーズ次第

スカイスポーツの番組で、ジェイミー・レドナップから質問を受けてそれに回答したハリー・ケインは、トッテナム・ホットスパー・スタジアムでの将来についての最新の心境を明かした。

近年、ハリー・ケインはスパーズの最も重要な選手であり、ファーストチームに台頭して以来、プレミアリーグで201試合に出場し、136ゴールを記録している。

その圧倒的なゴール数から、将来はトッテナム・ホットスパー・スタジアムから離れているのではないかとの憶測が飛び交っている。

夏の移籍マーケットを前に、ケインは彼のインスタグラムのページでスカイスポーツの解説者を務めるジェイミー・レドナップとの質疑応答をおこなった。

その将来について聞かれたとき、ケインはスパーズ・ファンを心配させる次のような回答をした。

「この質問は何度も受けているね。そういう質問なのさ。イエスとも言えないし、ノートも言えない」

「僕はスパーズを愛しているし、これからもずっとスパーズを愛し続けるけど、僕がいつも言っていることの一つ。もしチームとして成長していると感じなかったり、正しい方向に進んでいると感じなかったら、僕はそれだけのために留まるような人間ではないよ」

「僕には選手としての野心がある。超一流の選手になりたいと思っているから、チームがどうなるか、どう成長するかに全てがかかっているね」

「だから、僕がずっとここにいるかは確定しているわけではないけど、どちらもダメというわけではないよ」

ケインはハムストリングを痛めて手術を受けた後、年明けから実戦を離脱している。

コロナウイルスによるシーズンの中断によって、プレミアリーグが再開した際には復帰が見込まれるが、離脱前までの今シーズンの公式戦17ゴールに、さらにゴールを加点する活躍が期待されている。

TAGS: