/今夏、ハリー・ケインの移籍なしで1億4500万ポンドを調達するための放出リスト

今夏、ハリー・ケインの移籍なしで1億4500万ポンドを調達するための放出リスト

エリック・ダイアー – 2,250万ポンド

Eric Dier has taken a number of free-kicks for Tottenham this season but he is yet to find the net from one

ダイアーは、シーズンの大半でトッテナムの守備ラインでレギュラーだったが、ここ1ヶ月ほどはベンチにいることが多くなっている。

この夏、トッテナムは理想的には外国人選手の何人か放出する必要がある。というのも、ヨーロッパ戦でチームを編成する際に、その外国人選手の多さがいつも問題になっているからだ。

外国人枠となってしまうこのイングランド代表ディフェンダーは、放出候補の一人になるだろうし、妥当な金額をもたらしてくれるはずだ。

ハリー・ウィンクス – 1,980万ポンド

ポチェッティーノのもと、先発メンバーの選考において最初に名前が載ることが多かったウィンクスだが、今シーズンは安定した出場機会を得られずにいる。

オリヴァー・スキップがノリッジ・シティへのローン期間を終えて戻ってくると、ウィンクスは彼の後塵を拝することになるかもしれない。

スパーズが補強資金を得るために売却を検討している選手の一人であることは間違いない。

セルジュ・オーリエ – 1,800万ポンド

トッテナムは、現在の契約状況から、いずれにせよこの夏にオーリエの未来を決断する必要がある。

彼は2022年の夏にフリーで退団できるため、新しい契約を締結するか、放出するかの選択となる。

夏に放出することになれば、リリーホワイツは右サイドバックの長期的な後継者を探すために資金を費やすことになるだろう。