/今夏、ハリー・ケインの移籍なしで1億4500万ポンドを調達するための放出リスト

今夏、ハリー・ケインの移籍なしで1億4500万ポンドを調達するための放出リスト

今夏、ダニエル・レビィ会長とトッテナム・ホットスパーが、2021-22シーズンに向けてチームに革命を起こそうとしているが、そのための軍資金をどれだけ調達できるだろうか。

トッテナムが2021-22シーズンに向けてチーム戦力を強化するために、ダニエル・レヴィ会長は再びこの夏の移籍マーケットでその魔術を繰り出さなければならない。

今シーズンの開幕に向けて7人の新戦力を迎え入れたトッテナムだが、ここまでの成績を見る限り、ファンはさらなる補強を期待していることだろう。

しかし、過去12ヶ月間、コロナウイルスの流行により、フットボール界はほとんど収入を得ることができておらず、この夏は多くのクラブにとって非常に厳しいものとなるだろう。。

トッテナムはこれから数ヶ月の間にチームを強化するべく新戦力の補強を進めるが、しかし、補強のためにはまず、トップチームの選手を放出することで資金を得る必要がある。

今夏は新たなセンターバックの獲得が優先されると見られており、RBライプツィヒのマルセル・ザビッツァーも優先する補強ターゲットの一人となっている。

では、レヴィはどれほどの軍資金を調達できるだろうか?Transfermarktの選手評価額をもとに、誰をいくらで放出できるのかを調べてみよう。

デレ・アリ – 2,880万ポンド

トッテナムでの序列を大きく落とし、冬にはマウリシオ・ポチェッティーノとパリ・サンジェルマンでの再会が噂されながらも、トッテナムに残留したアリ。

かつては1億ポンドの価値があると言われていたが、ここ2、3年は調子が上がらず、その価値が急落している。

この夏にレヴィが彼を放出することのリスクは、もしこれから数年のうちにデレ・アリが最高のパフォーマンスを取り戻し、トップ・クラブがコロナを乗り越えて再び収入を得られるようになれば、その価格は間違いなく大幅に上昇することだ。

それだけに、この元MKドンズのエースを手放すのであれば、レヴィ会長はできる限り高額の移籍金を要求するのは確かだろう。