/ハリー・ケイン:ジョゼ・モウリーニョのもとでの成長

ハリー・ケイン:ジョゼ・モウリーニョのもとでの成長

「ウェストハムとニューカッスルの試合では土壇場で失点してしまい、勝ち点を逃したけど、僕らからすればしっかり勝ち点を獲れたはずだった」

「でも僕らは良いプレーをしているだろ。まだまだ改善できると思うし、もっと良くなると思うけど、リーグで2位につけているんだ」

「今は11月で、まだまだ多くの試合が残っているけど、我々は良い状態にあるね」

トッテナムはインターナショナル・ブレイクの後、厳しい対戦カードを控えており、モウリーニョはその日程について頭をフル回転させていることだろう。

就任当初、ポルトガル人指揮官のもとでケインがどのような役割を果たすのか懸念する声もあったが、かつてチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドで指揮を執った男は、ケインに10番の役割を任せることで、そのプレーの幅をさらに広げている。

ケインは11月20日に開催される「フットボールシャツ・フライデー」のイベントを支援している。このイベントではボビー・ムーア基金を通じて腸がんの研究のための資金援助を行っている。

「彼(モウリーニョ)がトレーニング・グラウンドのピッチの上にいるだけでも素晴らしいことでだよ」

「彼がどのようにビジネスを進めていくのか、様々な状況や問題にどのように対処していくのかを見ているだけで、とても勉強になるんだよ」

「彼は、僕のプレーを見ていて僕が低い位置に下がってプレーするのが好きだと思ったから、ソニー、スティービー、ベイル、ラメラ、ルーカスらの周りの選手たちに、もし僕が低い位置に動いたらその背後に走るようにって明確にしたんだよ」