/ハリー・ケイン:ジョゼ・モウリーニョのもとでの成長

ハリー・ケイン:ジョゼ・モウリーニョのもとでの成長

ハリー・ケインは、ジョゼ・モウリーニョの影響力と「やるべきことをやり遂げるために必要なことは何でもする」というチーム内のマインドセットの変革のおかげで、トッテナムでは過去最高のパフォーマンスを発揮していると感じている。

27歳のケインは今シーズン、スパーズでの全公式戦で23ゴールに関与しており、これまで幼少期から愛するクラブでのキャリアで301試合に出場して、201ゴールと見張る記録を打ち立てている。

トッテナムでのこれらのゴールに関与してきた偉業はまだトロフィーには結びついていないが、今シーズンの序盤戦から物事がうまく運べば、タイトルに繋がるシーズンになるかもしれない。

タイトル請負人であるモウリーニョが率いるスパーズは、プレミアリーグの順位表で2位につけており、ノースロンドンのクラブの未来は明るいものとなっている。

ハリー・ケインがPA通信のインタビューで次のように語っている。

「僕らにはまだまだ長い道のりがある。長く過酷なシーズンだよ」

「これまでのキャリアで証明してきた通り、あと一歩先に進むためには多くのことが必要だと思っている。僕らはまだそれを成し遂げることができていないね」

「僕らはこれまでにも何度かあと一歩まで迫ったことがあるし、そこに到達するためにはまだまだかなりのハードワークが必要になることは分かっている」

「良いスタートを切ることができた。開幕戦でエバートンに負けたのは残念だったけど、それ以来、リーグ戦では無敗を続けているからね」