/選手ランキングTop15、依然ケインは最も不可欠でアルデルヴァイレルトは重要性は薄れる

選手ランキングTop15、依然ケインは最も不可欠でアルデルヴァイレルトは重要性は薄れる

 

9位 ダビンソン・サンチェス(6位上昇)

スパーズの史上最高額の移籍金を誇り、トビー・アルデルヴァイレルトの域に届こうしている選手。昨シーズンは終わりに近づくにつれベルギー人ディフェンダーよりも重用され、既にフェルトンゲンとの確かなパートナーシップを築いている。この先、何年もの間、クラブで重要な役割をこなす位置にある。

 

8位 ハリー・ウィンクス(新エントリー)

22歳のウィンクスはデンベレの正当な後継者としての可能性を秘めている。足首の問題が彼のキャリアの進展を阻んだが、体調を万全のまま維持できれば、クラブのみならずイングランド代表の骨子となり得る選手。

 

7位 ソン・フンミン(5位上昇)

昨シーズン、この韓国代表がスパーズで最も脅威だった時期もあった。スパーズ攻撃陣のチームメイトに欠けているスピードを武器にできる選手であり、前線の4つのアタッキング・ポジションのどこでもプレーできる。ケイン不在時のトップの役割も問題ない。また、アジアにおける彼の知名度は商業的価値から言っても貴重なものだ。唯一、兵役免除の問題だけが残されている。