/クリス・ウィルソン医師:ハリー・ケインのユーロ2020出場は厳しい

クリス・ウィルソン医師:ハリー・ケインのユーロ2020出場は厳しい

ケインは、これまでにも足首の靭帯損傷から早期復帰を果たすことで医学的検知からの意見を覆してきた。チャンピオンシップのカーディフとスウォンジーを担当し、オリンピック選手に手術もこなしてきた外科医のウィルソン博士は、本人が気持ちを高めていたとしても、ケインの回復に注意を促している。

「再発のリスクがあるよ。ハムストリングが修復するとき、アスリートには再度裂傷を負うリスクがあるんだ。あまりにも早く復帰すると、また裂傷を負ってしまうリスクが高まるからね。それを回避する方法はないんだよ。ほとんどの外科医は、通常のランニングとトレーニングを行うには少なくとも3ヶ月はかかると言うだろう」

「彼は見込みを覆すかもしれない。私が担当医だったら、どんなに気持ちを高めて知多としても、6ヶ月間よりも前倒しでプレーするのは止めさせるだろう。彼の担当外科医は、実際にはもう少し冷静で、『まず3ヶ月間様子を見てそこで判断しましょう』と言っているだろうね」

5ヶ月後の夏のトーナメントでは、イングランドがホームで3つのグループステージの試合を戦う。ウィルソン博士は、ケインを担当する外科医が、復帰への青信号を与えるように周囲からプレッシャーを受ける可能性があると言う。

「(早期に復帰するのは)不可能ではない。おそらくん単一の裂傷を修復するだけならね。それでは本当の意味で科学的ではない。外科医は、修復の程度をわかっているはずだよ」

「クラブのスタッフは外科医を急かすかもしれない。私はフットボーラーもラグビーの選手も受け持ったが、彼らは『大丈夫そうじゃないか、なんで復帰させられないんだ?』と言ってくる」

「トレーナーは強度の高いメニューを課して回復期間を短縮し、3〜4ヶ月で復帰させるかも知れないが、個人的にはそれは『大きな驚き』だよ」

TAGS: